第45回 日本関節病学会

会期
2017年11月16日(木)・17日(金)
会場
東京ドームホテル
会長
高井 信朗(日本医科大学大学院医学研究科 外科系整形外科学分野)
テーマ
カレントコンセプト2017

教育研修講演のお知らせ

参加者の受付

教育研修講演を次頁の一覧表のとおり開催いたします。単位取得を希望される方はB1階の教育研修講演単位受付にてお申し込みください。
学会参加費を納めていない方は受講できません。

日本整形外科学会

本学会の講演の中で、一覧表の「日整会」欄に表示がある講演は、日本整形外科学会教育研修単位が認定されています。但し本学会で取得できるのは、1日最高4単位、2日間で合計6単位までです。

講演会場での手続き

講演開始10分前から、講演開始後10分までにIC 会員カードを講演会場入口のカード読み取り機にかざして出席登録を行ってください。10分を過ぎた場合、受講手続きが完了していない場合、途中退場された場合には単位取得はできませんのでご注意ください。

未専門医の方へ

申込方法は、専門医の方と同様です。研修手帳お持ちの方も単位取得には日整会IC会員カードが必要となりますので、必ずご持参ください。IC カードで単位を取得された際は、「研修手帳」の押印欄にご自身で「ホームページ参照」と記載してください。

研修単位受講履歴の確認について

学術集会終了から1週間程度で日整会ホームページ単位振替システムの取得単位確認画面で取得状況を確かめられます。受講された単位が規定単位数を超過した場合、同一時間帯での複数受講などがある場合は、過誤データの訂正を手順に従って行ってください。3カ月以内にご自身で訂正されなかった場合には一定のルールに従って、機械的に削除されますのでご注意ください。

日本リウマチ学会

本学会への参加は、専門医単位(3単位)が認定されています(参加証またはそのコピーにより証明)。

日本リウマチ財団

本学会の講演の中で、一覧表の「リウマチ財団」欄に表示がある講演は、日本リウマチ財団の教育研修単位が認定されています(1 演題l 単位)。

申込方法

巻頭に綴込みの受講申込書に必要事項ご記入のうえ、受講料(1演題1,000円)を添えてお申し込みいただき、財団の「教育研修単位証明書」を受け取ってください。

教育研修講演受講申込書(日本整形外科学会・日本リウマチ財団)

*11月16日(木)9:00~11:00のスポンサードシンポジウムの単位は、3演題で2単位の取得となります。

専門医取得単位
N:専門医単位  S:スポーツ医単位  R:リウマチ医単位  SS:脊椎脊髄病医単位  Re:運動器リハビリテーション医単位
必須14 分野
1 整形外科基礎科学,2 外傷性疾患(スポーツ障害含む),3 小児整形外科疾患(先天異常,骨系統疾患を含む,ただし外傷を除く),4 代謝性骨疾患(骨粗鬆症を含む),5 骨・軟部腫瘍,6 リウマチ性疾患,感染症,7 脊椎・脊髄疾患,8 神経・筋疾患(末梢神経麻痺を含む),9 肩甲帯・肩・肘関節疾患10 手関節・手疾患(外傷を含む),11 骨盤・股関節疾患,12 膝・足関節・足疾患,13 リハビリテーション(理学療法,義肢装具を含む),[14-1] 医療安全,[14-2] 感染対策,[14-3] 医療倫理,[14-4] 指導医講習会,保険医療講習会,臨床研究/臨床試験講習会,医療事故検討会,医療法制講習会,医療経済(医療保健など)に関する講習会など,[14-5] 医学全般にわたる講演会などで、14-1 ~ 14-4に当てはまらないもの

第5回 Arthroplasty Society in Asia (ASIA) について

写真

Arthroplasty Society in Asia (ASIA) はアジアにおける関節再建外科医の連携を高めることを目的として2013年に設立されました。この分野における臨床的な研究はもちろん、基礎研究や教育に関しても、アジア圏内での交流を促進し、最新の知見や技術を報告し意見を交換しあうことを究極のゴールと定めています。
第1回のミーティングは2013年に北京で開催され、その後、ソウル、アグラ(インド)、広州と年1回の開催を重ねてきました。このたび、第5回ASIAミーティングを、日本医科大学の高井教授が開催されます第45回日本関節病学会および第8回Asia Pacific Organization of Knee Arthroplasty (APOKA)と共同で開催させていただきますことを大変光栄に思っております。

ASIA会場では、原則的に英語での発表や意見交換を行っていただきます。
下のバナーからASIAのホームページをご覧いただき、日本の先生方からの演題申し込みをいただきますよう、心よりお待ちしております。

(日本の先生方の参加に関しましては、第45回日本関節病学会への参加登録が第5回ASIAへの参加登録を兼ねることになりますので、ASIAへの事前の申し込みは不要です。)

第5回 Arthroplasty Society in Asia (ASIA)

会長
飯田寛和
関西医科大学総合医療センター
事務局
大谷卓也
慈恵医大第三病院 メールアドレス: asia2017@jikei.ac.jp

プログラム [PDF]

ASIA 2017